TEL Line

ばね指 | 名古屋市北区の人気№1の整骨院ならつばさ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ばね指 > ばね指

ばね指

2017.07.03 | Category: ばね指

今日、新お客さんで、ばね指の方がいらっしゃいました。
ばね指というのは、指の関節に出来たしこりのようなものが引っ掛かり、手を開くときにカクンと一度引っ掛かってから開く様子が、バネのように見えるところから、ばね指と呼ばれています。
別名『弾発指』広義の意味では『腱鞘炎』とも呼ばれます。

この症状は、結構やっかいで、なかなか治りません。
今日のお客さんも、はじめ整形外科に行かれたそうなんですが、症状が初期だったこともあり温めて、湿布をもらう程度だったそうです。
整形外科だと、症状が進行し手術しかないというところまでいかないと、なかなか動いてくれません。

以前、当院にばね指で通院してくれていた方も、その前に整形外科へ三年ほど通い、手術しかないというところまで行き、手術はしたくないということで、当院へ替わってみえました。
その方は、かなりひどかったので、指をまともに曲げ伸ばしできるようになるまでに、一年以上かかりました。
もっと早く来てくだされば、そこまではかからなかったでしょうが、お客さんには知る由もありませんので、仕方がありません。

という様に、はやく適切な処置をしていれば、なんてことない症状でも、整形外科を経由したりしていると、手に負えないところまで行ってしまうことも多々ありますので、お気を付けください。
難しいと言われる病気でも、はじまりは大したことないものがほとんどです。
初期施術を間違えないようにすることが、一番大切です。