TEL Line

顎関節症 | 名古屋市北区の人気№1の整骨院ならつばさ整骨院

お問い合わせはこちら

顎関節症

顎関節症の症状

顎関節症の主な症状は、以下の通りです。

・口が開かない
・顎が痛い
・顎を動かすと音がする

顎関節症は、顎関節や、顎を動かす時の咀嚼筋にトラブルが発生することで傷むものです。

ご飯を食べる時口を開けにくい、顎が痛くて噛みにくいといった自覚症状が出ることで、顎関節症になっていることに気づくでしょう。

顎関節症になりやすいのは大人だけとは限らず、10代でもなります。
特に女性が多く、20~30代の女性に多くみられる疾患です。

口を開けると、耳の横にある顎関節が痛くて、時には頬やこめかみまで痛むことがあります。
このような症状があれば無理せず、名古屋市北区のつばさ整骨院までご相談ください。

顎関節症の原因は1つじゃなかった

顎関節症になってしまう大きな原因は、「噛み合わせが悪い」こととされていました。

しかし最近は、噛み合わせばかりが顎関節症の原因になるのではなく、複数の原因が重なることによって、顎関節症が発生すると考えられています。

要するに、いくつかの原因が同時に集まって、顎関節症が発症してしまうのですね。
筋肉の耐久性や関節が、許容範囲をオーバーしてしまうと顎関節症になります。
いくつか考えられる顎関節症の原因について、下記にピックアップしておきましょう。

・頬杖をよくつく
・精密作業を長時間することが多い
・転倒や打撲によって顎関節を傷つけてしまった
・片側ばかりでものを噛んでいる
・歯ぎしりをするクセがある
・歯並びが悪く、噛み合わせが合致していない

上記のような原因に心当たりがあれば、名古屋市北区のつばさ整骨院でも原因を分析していますので、ご来院ください。

顎関節症の施術はどうやるの?

顎関節症は薬で治る場合もありますが、歯ぎしりなど、日常的なクセが原因である場合は、その歯ぎしりを改善しない限り、顎関節症は根本的に解決しません。

歯ぎしりがある人は、マウスピースを作って顎関節症の施術をするのが一般的です。

また、もし重度の顎関節症であれば、レーザー照射や、電気刺激によって筋肉の血流を改善する施術をします。

このような施術でほとんどの顎関節症は改善していきますが、顎の骨の変形が大きいなど、手術せざるを得ない場合もあります。

手術など大掛かりになる前に、一度つばさ整骨院までご相談ください。

予防は生活習慣の見直しから

顎関節症は歯並びや噛み合わせが悪いなど、歯科的な原因で起こることもありますが、多くの場合、歯ぎしりなど生活習慣が要因になっています。

顎関節症が治ったとしても、普段の生活習慣を改めない限り、顎関節症を繰り返してしまうリスクがあります。

日常からできる予防法としては、以下のようなものがあります。

・片側だけで噛まない
・頬杖をつかない
・歯ぎしりしない