TEL Line

オスグッド病 | 名古屋市北区の人気№1の整骨院ならつばさ整骨院

お問い合わせはこちら

オスグッド病

オスグッド病とは?

下図の膝のお皿の下で触れることのできる骨の部分が飛び出てきたり、走る、跳ぶ、曲げるなどの動作で痛みを生じる症状のものを言います。

成長痛だとよく言われるため、初期にはあまり積極的に治療を行わないケースもあるようですが、重症化すると、走るたびに激痛に襲われ大好きなスポーツが出来なくなり、悔しい思いをしなければなりません。

軽度のうちに積極的に治療を行い、早期に回復させましょう。

重症化してしまってお困りの方は、早めに適切な治療を受けましょう!

患者様の声

中学二年生 バスケチーム所属

患者様の声▲クリックで拡大

バスケの合宿で、ハードな走り込みの後、両膝にオスグッド発症。

春休み中だったこともあり、毎日の治療により10日でほぼ痛み消失。

小学6年生 サッカーのクラブチームに所属

患者様の声▲クリックで拡大

来院、一か月前よりオスグッド病を発症。
試合に出場しするも10分もしないうちに動けなくなるほどの痛みがあり、二週間後の合宿に、何とか間に合わせたいと、整形外科から当院へ転院。
治療開始11日目でほぼ痛み消失。

高校2年生バレー部

患者様の声▲クリックで拡大

中学生の頃からの、両膝オスグッド病の痛みで悩まされ、病院や接骨院で治療を行なうも、改善せず、八月中旬に当院へ来院。初来院から、18日目で痛み消失。

小学六年生 バスケットボールのクラブチーム所属

患者様の声▲クリックで拡大

オスグッド病で整形外科へ通院するも、治療もなく湿布をもらうだけだったため、不安を感じ、当院へ来院。一週間三度の治療で、ほぼ痛み消失。練習も痛みなくできるようになりました。

オスグッドの治療実績で整骨院を選ぶなら名古屋市北区のつばさ整骨院へ

オスグッド病の治療実績で整骨院を選ぶなら名古屋市北区のつばさ整骨院へご相談ください。国家資格者の院長が、すべてのオスグッド治療を担当致します。

当院に来院してくれた、すべての児童、学生たちが、完治もしくは軽快しています。
オスグッド病は、子供に起こる大変難しい障害の一つです。
我慢して放置していたり、適切な治療を行わないと、悪化する一方です。

オスグッド病は、小学校高学年~中学生までに起こる膝の障害で、激しい運動を行う少年少女によく発生します。

膝のお皿の下に少し出ている骨が、ボコッと盛り上がってくるのが大きな特徴で太ももの前部分の大腿四頭筋などを多様するサッカーや陸上、バレーボール、バスケなどを行っている選手は特にオスグットになりやすい傾向にあります。

また、成長痛とよく言われておりますが、つばさ整骨院では、しっかりとした発生の原因を解析し、一つの膝の障害ととらえています。

オスグッドの症状を改善するためには、まず、どのような原因で、どのような力が膝にかかっているのかを考えなくてはいけません。

よく、太ももの前の筋肉をストレッチしたり、患部を温めたりするとよいと言われていますが、それでよくなるものではありません。全身のバランスを考え、原因を解決することで、自然治癒能力を高め治癒へ導くことできると当院では考えております。

ただ患者様の状態に合わせて的確にオスグッド治療を行うためにも、まずは、つばさ整骨院にご来院下さい。検査を行わせて頂き症状改善につなげていきたいと考えております。

院長あいさつ

つばさ整骨院 院長 津田 敦史

つばさ整骨院 院長 津田 敦史

はじめまして、つばさ整骨院院長の津田です。
つばさ整骨院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は柔道整復師という国家資格を持ち、この世界に入り18年、
つばさ整骨院を北区に開業し9年目を迎えました、二児の父親です。

オスグッドで苦しんでいるお子様をお持ちの親御様。オスグッド治療は当院にお任せください。
オスグッドは大変難しい傷害ですが、治療方法によっては早期に痛みを軽減させることも可能です。

当院でオスグッド治療を受けてくれた子供たちは、概ね早期に回復しております。
現在、お困りの方は、お早めにご相談下さい。