TEL Line

子供は、いつケガをするかわからない | 名古屋市北区の人気№1の整骨院ならつばさ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肘内症の記事一覧

子供は、いつケガをするかわからない

2018.02.26 | Category: 肘内症

朝一番で、電話が鳴りました。

二歳の女の子のお母さんからの電話でした。

『娘が、肘が痛いと言って泣き止まないんです。』と慌てた感じでした。

とりあえず、院に来てもらい、症状を診さてもらうことにしました。

15分ほどで来てくださり、どういう状況だったのかを聞いてみると、

『布団にダイブした後、急に肘が痛いって泣き出したんです』とおっしゃいました。

お子さんを診てみても、肘が痛いとかなりの勢いで泣いていましたので、

症状としては、肘内障と言って、子供によくある肘の脱臼だと思ったのですが、

肘内障というのは、肘を引っ張られた時によく起こる障害で、今回の発生状況は、

引っ張られたものによるものではありませんでしたので、

骨折も疑いつつ、状態を確認してみました。

検査した結果、骨折している様子はありませんでしたので、

脱臼の処置をしたところ、はまる感覚がありましたので、

肘内障で間違いないと判断しました。

しばらくしたら、キッズエリアでアンパンマンを見ながら踊り始めたとスタッフが教えてくれたので、

お母さんに、もう大丈夫ですよと、お伝えし。

安心した様子で保育園へと向かわれました。

 

 

子供の肘の脱臼

2018.02.03 | Category: 肘内症

名古屋市北区、二歳の女の子。
おじいちゃんに、腕を引っ張られた際に、両肘を脱臼。

お母さんに抱かれ、来てくれました。

他の治療を中断し、すぐに整復しました。
はまった感覚はあったので、大丈夫だとは思ったのですが、
今日の子は、なかなか泣き止まず、しばらくキッズスペーズでお母さんに様子を見てもらっていました。
それでもなかなか、手を動かそうとしませんでしたので、スタッフにアメちゃんを渡すように指示したところ、
女の子が、手を伸ばしてきたとの事だったので、一安心。
その後は、しばらくキッズスペーズで遊んでってくれました。

大体の子は、はめてしまえば、すぐに泣き止み、何もなかったかのように、遊びだすのですが、
今日は稀なケースでした。
お母さんも、安心した様子でお帰りになられたので良かったです。

一歳から三歳くらいの子に、肘の脱臼(肘内障)は、多発します。
当院では、週末が多く、普段遊ばないお父さんやおじいちゃんが腕を引っ張ってしまい、抜けてしまうケースが多いように感じます。
喜ばせようとして、やってしまうことなので仕方ありませんが、みなさん気を付けてくださいね。

抜けてしまった時は、速やかにご連絡ください。

子供の脱臼(肘内障)お任せください 

2017.10.16 | Category: 肘内症

昨日、お父さんに連れられて、6歳の女の子が、肘の脱臼で診察に訪れました。

予め、お父さんからお電話をいただいていたので、泣きながら来るのかなと思ったら、

元気はありませんでしたが、受け答えもしっかりしていてびっくりしました。

原因は、おじいちゃんと遊んでいて、手を引っ張られた時に、肘の関節が抜けてしまったというものです。

このような症状は、はめてしまえば、何もなかったかのように、元気になります。

ほとんどの子が、はじめは泣いてやってきますが、はめた後は、うれしそうに痛かった腕で、アメを受け取ってくれます。

当院は、産後や妊娠中の方が、多くご来院頂きますので、子供の脱臼のお話をすると、「そういうのも診てもらえるんですね。」と

意外と知られていない現実がありますので、もしもの時のために、知っておいてくださいね。

つばさ整骨院では、肘内障の治療もできますので、お困りの際は、ご相談くださいね。