TEL Line

出産が終わった直後に | 名古屋市北区の人気№1の整骨院ならつばさ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > マタニティ整体の記事一覧

出産が終わった直後に

2017.11.03 | Category: マタニティ整体

昨日、出産を終えた患者さんが、続々と産後骨盤矯正にお越し頂いているというお話をさせていただきましたが、

その中のお一人で、当院で使っている特殊テープの効果を実感された瞬間があったことを、

教えて下さったので、書きたいと思います。

その方は、妊娠中、着圧の靴下をはいていないと、足がつってしまうと相談してくれました。

そのとき、当院の特殊なテープを、足に貼らせてもらったところ、その後、足がつらなくなったそうなんですが、

出産当日、とうやら片足だけはがれてしまっていたそうで、

産み終えて、分娩台から降りようとしたときに、

はがれた方だけ、足がつってしまって担がれて、運んでもらったそうです。

そのテープというのは、とても薄く作られていて、『境界層薄膜』と呼ばれています。

境界層とは、外界と自分の境界、自分の肌ですね。

それを保護することにより、

脳を、体の回復へと導いていくものです。

薬を使っているわけでもなく、素材そのものの効果だけで、体のバランスを整えていくものなので、

妊婦さんにも安心してお使いいただけるものです。

妊娠後期になると、足がつることが頻繁に起こってきます。

そんな時、このテープを貼ることで、予防することが出来ます。

出産を終えて

2017.11.02 | Category: マタニティ整体,産後骨盤矯正

10月末から、マタニティ整体よりお越しいただいていた患者さんが、出産を終えて、続々と産後骨盤矯正にお越しいただいています。

聞く限り、みなさん安産だったようで、安心しました。

お腹にいる時から知っていますので、不思議な感覚になりますが、母子ともに元気な姿を見ることが出来ると、

やっぱりうれしいですね。

今日も、新たに長久手から妊婦さんにお越しいただきました。

坐骨神経痛がひどく、歩くのがかなり辛そうでした。

まだ、妊娠16週ということもあり、不安もあったようですが、

来院時より、だいぶ痛みも和らいだということで、よかったです。

ご自宅が、結構遠いので、通院がむずかしいかもしれませんが、

出産まで、お体のケアをお手伝い出来たらと思っています。

出産前最後の治療

2017.10.19 | Category: マタニティ整体

今日は、4人の妊婦さんが、『マタニティ整体』にお越しくださいました。

お二人は、定期的に通ってくださっている方達で、 あとのお二人は、初めての患者さんでした。

定期的に、通ってくださっている方達は、お二人とも臨月で、お一人は、今日を最後に、里帰り出産のため、

実家へ帰られるということで、 少し寂しい気もしましたが、

「来た時に比べて、本当に良くして頂いて、ありがとうございました。」

「今度は、子供と一緒に来ます」と言ってくださったので、とてもうれしくなりました。

 

もう一人の方も、予定日が、11月3日ということで、いつ生まれてもおかしくない状態なので、

お二人とも、 本当に元気な赤ちゃんを産んでいただいて、母子ともに元気なお姿で、また会いたいです。

こうやって、妊婦さんや産後の方々と接する機会が多いと、このような希望に満ちた感じや、出産後の幸せ溢れる様子を見させていただけるので、 本当に幸せな仕事をさせてもらっているなと実感します。

 

はじめてお越しになったお二人も、妊娠5、6ヶ月で、少しお腹が大きくなってくることによる体のトラブルでお悩みでした。

当院には、『マタニティ整体』というメニューがあります。

はじめ、この施術をやろうとしたきっかけは、みなさんに「安産」で産んでいただきたいという、思いからでした。

ですが、多くの妊婦さんと接するにつれて、分かってきたことは、

もちろん安産で生まれるに越したことはないんですが、

まずは、今の痛みを何とかしたいという切なる思いでした。

 

なので、現在、当院では、痛みをケアすることをメインに、健康保険を取り入れた、妊婦さんへの治療を行っています。

その、経過の中で、骨盤調整をしながら、臨月を迎える方達の経過が非常にいいことが分かってきました。

コスト的にも、患者様に合った施術を提供できますし、とても喜んでいただいています。

妊娠中のみなさん、お体に不調がある時は、我慢せずにつばさ整骨院へお早めにご相談ください。

助産師さんも通うマタニティ整体

2017.10.04 | Category: マタニティ整体

今日は、妊娠8ヶ月の頃から、来ていただいていて、一週間後に、予定日を控えている妊婦さんにお越しいただきました。

こちらの方は、助産師の資格をお持ちで、妊娠、出産に関しての知識をたくさんお持ちで、助産師の大変さなど、いろいろと伺うことが出来ました。

その様な方が、当院のマタニティ治療を、継続して来てくださっていたことは、大変うれしく思いますし、自信にもなります。

妊娠中は、治療をすることに抵抗や不安のある方も、いらっしゃると思いますが、助産師さんも通っている治療院であれば、安心感も生まれるのではないでしょうか。

産後の骨盤矯正にお越しくださる方の中にも、『マタニティのときも治療してもらえたんだ?これば良かった。』と言ってくださる方もいるくらい、妊娠中に治療ができることをご存知なく我慢されている方も多いようです。

その様な方が、一人でも安心して治療を受けて頂けるように、当院のマタニティ治療を広めていきたいと思います。

 

 

1000人突破!!

2017.09.03 | Category: マタニティ整体,産後骨盤矯正

昨日、つばさ整骨院を開院致しましてから、新規来院患者様数が、1,000人を突破いたしました!!

今まで、ご来院くださったすべての患者様に感謝申し上げます。

まだまだ、未熟ではありますが、今後とも一人でも多くの患者様のお役に立てるよう、精進してまいります。

昨日は、1,000名突破した日にふさわしく、産後骨盤矯正の患者様が3名、妊婦さんが3名新規で来てくださり、大忙しでした。

つばさ整骨院のマタニティ整体と産後骨盤矯正も、少しづつ浸透してきているのかなと感じております。

昨日の患者さんも、言っておられましたが、『妊婦で治療をしてもらえるなんて思ってなかった』と思っていらっしゃる方が、

多いというのも現実問題あります。また、もう一人の方は、妊娠してから、体の調子が悪くなり、今まで行っていた治療院に行ったところ、

『妊婦さんはちょっと』と敬遠されてしまったそうです。

確かに、妊娠中の患者様を診るということは、覚悟のいることですが、その様な時だからこそ、手を差し伸べられる技術が無ければいけないのではないかと思います。

臨月に入り、ぎっくり腰になってしまい、来院時、立ち上がるのも困難だった妊婦さんが、痛みなく立ち上がれるようになり、笑顔で帰って行かれたのが印象的でした。

当院は、マタニティ整体、産後骨盤矯正に力を入れておりますが、交通事故治療や日常での首、肩、腰、膝の痛みなど様々な症状に対応しておりますので、お体に不調のある方は、お気軽にご相談くださいね。

それでは、今後ともつばさ整骨院をよろしくお願い致します。

 

 

逆子が判明!

2017.08.30 | Category: マタニティ整体

本日、二人の妊婦さんにご来院いただきました。
その中のお一人が、最近、逆子だと判明したようで、どうしたものかと相談して下さいました。
基本的には、赤ちゃんは、頭が重たいので頭が下に来るようになっているんですが、まだお腹の中に余剰部分があるときに、
逆さまを
向いてしまうことがあります。
逆子を治すためにいろいろ試される方も多いと思いますが、
私の経験では、ヨガや逆子体操の類は、身体を痛めてしまうケースがありますので、積極的には勧めていません。
一番安全な方法としては、骨盤を調整し、安定を保ちながら、可能な限り歩いていただくと、歩行の絶妙な振動で逆子が改善されると考えております。
先日も、逆子で帝王切開を覚悟し入院をしたところ、逆子が治っていて、大逆転で自然分娩になったという方も患者さんでいらっしゃいました。
その他、怖くないようでしたら、お灸を足の小指のツボに当てると逆子が治ると古くから言われておりますので、そちらを試してみるのもいいかも知れませんね。

妊婦さん 恥骨の痛み

2017.08.18 | Category: マタニティ整体

妊娠中の恥骨の痛みでお悩みの方も多いと思います。
妊娠7か月の妊婦さんが先週、恥骨の痛みを訴えられて、ご来院くださいました。
歩行時と特に寝返りをするときの痛みがひどく、何とかしたいと話してくださいました。
前回、骨盤矯正と股関節の治療。
あとは、骨盤周りの筋肉を緩める施術をした後、恥骨の動きを良くする治療をし、その日の治療を終了しました。
そして、一週間たった今日ご来院くださり、状態を確認したところ、歩くたびに激痛があったのが、普通に歩けるようになり、寝返りも楽にできるようになったと言ってくださいました。
恥骨の痛みは、なかなか取ることが難しいのですが、すんなりと取れた要因として、私の指導をしっかりと守って下さったことにあるのではないかと思います。
一つは、当院が勧めた体操を、無理をせず自分が出来る範囲でこなしてくださったこと、もう一つは骨盤ベルトではなく、さらしを選択されたことです。
この方が、初めてご来院くださった理由に、「ベルトを巻いたほうが良いのか聞きたい」ということもありました。
ご本人でも、〇〇ちゃんベルトを巻いてみたそうなんですが、逆に恥骨の痛みが増してしまうとおっしゃっていましたので、ベルトを巻くことに少し抵抗を持ってみえました。
妊娠7ヶ月ですし、痛みもありましたので、「ベルトを巻かないよりは巻いた方がいいけど、本当はさらしを巻くといいですよ」と言わせてもらったところ、さらしを選択してくださいました。
なかなか、この季節暑いですし、巻くのが面倒だということもあり、敬遠し勝ちですが、さらしの良さを実感していただいて本当に良かったです。
当院では、さらしの巻き方も、指導させて頂いていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談くださいね。

妊婦さんからのご質問

2017.08.14 | Category: マタニティ整体

本日、朝一番で妊娠8ヶ月の妊婦さんから、お電話をいただきました。
『最近、急に腰から尾てい骨にかけての痛みが強くなったんですが、どうしたらいいですか?』という質問をいただきました。
かなり不安になっているご様子で、お越しいただくことをおすすめしましたが、
『産婦人科の先生と相談してからの方がいいですか?』など、不安を隠しきれない感じでしたので、『不安でしたら、先生と相談していただいてからご来院ください』とお伝えしました。
考えられる原因で一番高いのが、お腹が大きくなったことによって骨盤が開いての痛みでしょうから、お電話でどうしたらいいかというのをお伝えするのはむずかしいです。
信頼関係がない状態で、指導するのも妊婦さんの場合には危険です。

当院には、多くの妊婦さんにご来院いただいておりますが、7~8ヶ月の方で腰痛のお悩みでいらっしゃるからが一番多いのは事実です。
この頃から、一段とお腹が大きくなりはじめ、骨盤の関節が一段と緩みます。
ですから、治療によって骨盤を安定させることが、一番痛みを軽減させるのには早いです。

治療の流れとしては、骨盤を安定させた後で、腰回りの筋肉を特殊なローラーを使って安全に緩めていきます。
その後、ご自宅でも簡単にできる骨盤体操を行っていただき、ご自分でもある程度対応できるように指導させて頂いています。
妊娠中は、体の変化が激しく、不安になることが多いと思います。

もちろん、担当の先生と相談をしていただいてからご来院頂くのもいいですし、痛くなることはある程度想定できますので、あらかじめ先生に、腰が痛くなった時に治療に行ってもいいのかということを相談しておくのもいいかもしれませんね。

どちらにしても、当院の治療は、安全を一番に考えていますので、妊娠中痛みで不安になっている方は、まずご連絡いただき、ご来院頂くのがいいかと思います。

お子様ずれでも安心です

2017.08.04 | Category: マタニティ整体,産後骨盤矯正

本日は、五組のお子様連れの産後の方にご来院頂きました。

産後や子育て中の方の多くは、お子様がいるために治療、骨盤矯正に行くことができず、我慢されている方が、非常に多いです。

当院は、北区以外からの患者さんも比較的多く、産後骨盤矯正やマタニティ整体を目的にされる方はもちろんですが、その他に多い理由として、お子様連れOKだというお答えが多いです。

お子様がいるから、産後の骨盤矯正に行けないという、産後ママを一人でも減らしたいと思い、お子様連れの方を大切にしております。

なぜか?

それは、院内が明るくなるからです。「うちの子はすぐ泣くし、周りに迷惑がかかるから連れていけない」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、その様なことは、気になさらなくて大丈夫です。

ママが治療に入って泣いてしまうお子様もいますが、スタッフが見ていますし、治療室に入ってママの治療を見ながらというのも可能です。

お子様がいることで治療を迷っている方は、ぜひ一度ご相談ください。

つばさ整骨院はそのような方も大歓迎です。

 

 

 

 

三回目のマタニティ整体

2017.08.02 | Category: マタニティ整体

妊娠4か月の時から、定期的に通い続けていただいている、まもなく8ヶ月を迎える妊婦さんに、3回目の『マタニティ整体』をさせていただきました。

はじめは、眠るのもつらいほどの首、肩の痛みでご来院いただいたき、その状態が落ち着いたころに、妊婦さんによくみられる、骨盤が開くことによって起こる急な腰の痛みに襲われ、その2回で骨盤矯正を施術致しましたが、今回は、そこまでの症状はありませんでしたが、前回の矯正から1ヶ月半空いていましたので、ゆがみのチェックをしたところ、ゆがみが診られたので、その様にお伝えたしましたら、ご自身の方から、骨盤矯正をしたいとおっしゃってくださいましたので、矯正させていただきました。

この方は、当院の治療を信頼頂いているというのもありますが、はじめのような痛みに戻りたくないという思いから、早めのケアをされています。状態としては、順調にマタニティライフを過ごされていますので、お産までもう少しいい状態に持っていけたらと思っています。