TEL







交通事故

≪交通事故への対応は、名古屋市北区のつばさ整骨院にぜひご相談を!≫

不運にも、交通事故に遭われてしまった方へ、交通事故にて負ってしまったお怪我の対応、車の修理の手配、保険会社への対応のお手伝いなど、さまざまな交通事故に対してのお手伝いが可能な、名古屋市北区のつばさ整骨院では皆様からの交通事故に関するご相談をお待ちしております。

つばさ整骨院での交通事故治療は、自賠責保険を使った施術にも対応しておりますので、患者さんの交通事故で負ってしまったお怪我に対する窓口負担金は0円で受けて頂くことが出来ます。施術のお手続きや保険会社とのやり取りが分からないという場合でも、まずは一度お気軽にご相談ください。

経験豊富な専門のスタッフが、親身になってサポートさせていただきます!

交通事故は毎日どこかで発生しているため、自分には関係ないと言いきれるものでもありません。いざという時に、慌てないためにも、交通事故に遭った時の対応についてはある程度の知識を持っておくと安心です。

が、実際に交通事故に遭遇してしまうとパニックになっていまい上手く対応できなくなることも珍しくはありません。中にはその場で、本人同士だけの話し合いだけで済ませてしまう場合もあるようですが、警察への事故届けと医療機関への受診は必ず行なうようにしてください。交通事故によるお怪我は、警察を通していないと医療機関での治療を、自賠責保険を使って行うことが出来ない可能性があります。

私の知っているケースでは、交通事故直後、大したことがないと自分で判断してしまい、警察を呼ばず本人同士で話を済ませてしまった方が、数日後、首に痛みが発生し、治療を受けようとしましたが、警察への連絡をしていなかったため、被害者にもかかわらず自費で治療を受けなければならないという事態になってしまいました。

他にも、多少痛みがあるにも関わらず、どうせすぐに治るだろうと判断してしまい、その場で示談。

ろくに治療を受けずに過ごしてしまった結果、数週間後にひどい首の痛み、手足のしびれなどに悩まされ高額な治療費を自費で支払わなければならなくなったケースもあります。

こちらを読んでいただいているあなたには、そんなつらい思いをして欲しくありませんので、交通事故にあってしまったら、まず警察への連絡をすませた後、すぐにつばさ整骨院へご相談ください。

交通事故の衝撃を軽く見てはいけません。

交通事故での衝撃は、思っている以上に体の深部に影響します。なので、治りが遅いというのも特徴で、7割ほどの痛みはとれたんだけど、残り3割がなかなか取れないという方もけっこういらっしゃいます。

また、交通事故直後は、軽い興奮状態にありますので、痛みを感じづらい状態にあります。

事故後48時間は、痛みが出てくる可能性がありますので、交通事故直後は何もなくても、必ず事故処理の手続きを行いましょう。

 

交通事故によるお怪我や不調をもとに戻すには、目には見えない身体の内側へのアプローチも必要となる場合もあります。骨格にゆがみやズレが生じている場合は、施術が効果的に働く場合もありますので、病院での治療でもなかなか改善されない症状がございましたらお気軽にご相談ください。

なぜ交通事故によるケガをO円でできるのですか?

それは、自賠責保険を適用するからです。示談をする前でしたら、自賠責保険を使って0円で施術を受けられます。
自賠責保険とは、別名強制保険とも言われており、自動車やバイク原付を購入する際に、加入が義務付けられています。たまに原付の方は期限が切れていることがありますので、確認しておいてくださいね。

現在、整形外科に通っていますが、なかなかよくなりません。一つしか通えませんか?

大丈夫です。
その様にお考えの方は、結構たくさんいらっしゃします。整形外科で治療を受けているから、
整骨院で治療を受けることが出来ないということはありません。
また、どちらかだけに決める必要もありません。
筋肉のこわばりだとか、骨格のゆがみなどを整骨院で日々治療を行い、月に1,2回整形外科でドクターに診察を受けて頂くというのが、一般的な交通事故の治療の進め方です。
つばさ整骨院で治療を希望される方は、まず当院へご連絡ください。

どのくらい通院が必要ですか?

個人差、事故の程度にもよりますので、皆さんにあてはまるものではありませんが、
軽度のものでしたら、1ヶ月から2ヶ月、追突による、むち打ちや腰痛に関しましては、3ヵ月から4ヶ月で回復されることが多いように感じます。
ただ、治療中にも痛みというものには、波があります。お仕事や生活環境にとても左右されやすいものです。痛みが軽くなったからと言って、無理に体を動かして、痛みがぶり返してしまうことはよくあるケースです。
交通事故の後遺症というもは、後に残りやすいものです。そのようなことにならないためにも、治療期間中にしっかりと通院していただき、元の状態に戻すことに努めていただくことを、オススメします。

通院慰謝料ってなんですか?

交通事故によって被った精神的な苦痛に対する賠償のことをさします。
精神的な苦痛を計ることは難しいため、ケガの重度によって精神的な苦痛を計り、算出されています。
ここでケガの重度の基準になるのが、通院期間と通院日数となりますので、
痛みがあるのに我慢をして、通院していない場合には、慰謝料が少なくなってしまうことになりかねません。
十分な治療を受けることで、ケガを回復し適正な慰謝料を受け取ることが出来るように、法律で定められています。

保険会社から、慰謝料を提示されましたが、基準がよくわかりません。

慰謝料には、自賠責法で定められた、支払い基準があります。

〔1〕全治療期間(入院期間+通院期間)の日数 × 4,200円
〔2〕実通院日数(治療期間中に実際に通院した日数)×2の日数 × 4,200円

〔1〕と〔2〕を比較して少ない日数が基準日数として適用されます。

過失がある場合でも治療費は出るのですか?

過失がある場合でも、自賠責保険の範囲以内で、過失が70%未満であれば全額、過失が70%以上であれば20%減額された額が、自賠責保険から支払われます。また、ご自身の保険に、人身傷害特約がついている場合は、ご自身の保険から支払いを受けられます。人身傷害特約を使った場合でも、保険の等級が変わることはありません。一度、ご自分の保険をご確認ください。

主婦ですが、何か補償してもらえますか?

主婦の方でも、慰謝料はもちろん受け取ることが出来ますし、休業損害と言って事故の後遺症によって家事が出来なかったことを証明することが出来れば受け取ることが出来ます。パートをされている方も、家事が出来なかった程度に応じて受け取ることが出来ます。賠償額には基準がいろいろございますので、示談の際にご相談ください。

交通事故用語豆知識

〇過失相殺
一般の損害賠償では、被害者側にも過失がある場合、その割合だけ損害賠償額が減額される(自己負担になる)のが原則です。ただし、自賠責保険では、被害者保護を重視しているため、被害者に重大な過失がない場合には、減額されません。

〇逸失利益
交通事故で、何らかの後遺症を負ってしまったために労働能力が減少をきたす損害を言います。
死亡事故に遭い収入が得られなくなった場合も同様です。

〇共同不法行為(加害車両が2台以上ある場合)
被害者の方にお支払いが可能な自賠責保険が複数ある場合は、いづれの保険会社対してもご請求することができます。この場合、それぞれの自賠責保険の限度額を合算した金額を限度として、自賠責保険の支払基準にもとづいて計算した保険料金がお支払いされます。

〇被害者請求
加害者が任意保険に加入しておらず、誠意や財力がない場合や、相手保険会社が治療費の支払いに応じない場合などに、交通事故被害者自身が自賠責保険に請求することです。

交通事故によって体を痛めてしまった方!お急ぎください!!

交通事故にあってしまい体が痛いのに痛みを我慢!治療を後回し!病院へ1回行ってそれっきり!という方、後で後悔しますよ!
現在、治療先をお探しの方も、このままお読みください。

交通事故による体の負傷は、自賠責保険から、治療費、交通費が支払われるので、治療は無料でお受けいただけます。
ですが、事故から2週間以上経っても、治療を受けていなかったり、治療を受けてから2週間以上経ってしまうと自賠責保険の補償を受けることが出来ない可能性が出てきます。
交通事故による体の痛みは、後になってひどくなることがほとんどです。
私の妻も、先日事故にあいました。大した事故ではなかったので、治療するまでもないかな?と、本人も思ったそうなんですが、日が経つにつれてどんどん痛みが出てきました。

大したことが無いと自分で判断してしまい、その場で示談をしてしまうと、その後、痛みが強くなってしまっても、自賠責保険の補償を受けることができません。
交通事故の負傷を軽く見てはいけません!
事故後、数か月経って、頭痛や手足のしびれが出てくるということも、少なくありません。

示談してしまったり、治療機会が遅れて、自賠責保険の補償が受けられず、自費で治療を受けなければならないような事態に、あなたにはなってほしくありません!!
どういう手順を踏んで治療を受けていいかわからないという方も、つばさ整骨院が解決まで全面サポートいたします!

自賠責保険では、休業補償、慰謝料も補償されるので、やられ損になるのはやめましょう!

つばさ整骨院が保険のことから、体を元に戻すまで全力でサポートいたしますので、今すぐお電話下さい!

診療時間

当院へのアクセス情報

所在地〒462-0032 愛知県名古屋市北区辻町1-32-1 県営辻町住宅5−5−8
予約電話予約
電話番号052-325-4343
駐車場4台あり
休診日火曜日、祝日、日曜日午後