TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > シンスプリント

シンスプリント

2017.05.11 | Category: 未分類

昨日、シンスプリントの症状で、高校二年生のバレー部の女の子が来院してくれました。

シンスプリントというのは、スネの骨の内側、特に下3分の1くらいのところに起こる骨膜の炎症です。

スポーツをしている学生に多く、特にランニングやジャンプを多く必要とするスポーツに発症します。

原因としては、ランニングやジャンプの着地の際に、骨に付着する筋肉が骨膜をけん引し炎症を引き起こしますので、

くり返しそのような動作をすると、発症する確率は高くなります。

昨日来てくれた、女の子はバレー部ということで、ジャンプをくり返し行うことにより引き起こされたのではないかと、考えられます。

体を見させてもらったところ、ふくらはぎの筋肉が非常に硬く、筋肉の柔軟性がかなり低下していました。

また、両足に痛みはありましたが、特に左足の痛みが強いという事でしたので、よく見てみると左足は、右足に比べると偏平足気味に待っていましたので、より筋肉による牽引力が強まったのではないかと思われます。

当院での治療は、まず患部に特殊なローラーをかけ骨と筋肉を整えます、その後、氷でしっかり患部を冷やし、最後に薄い膜のテープを貼り、その場の代謝を促進させ患部を安定させます。

シンスプリントは、動かなければ落ち着いていきますが、激しい運動をするとまた痛みがぶり返します。

痛くて動けないというほど痛くなるものではないので、多くの子が我慢をしてしまうケースが多いと思います。

なかなか部活を休むということは、できないと思いますが、放置しておくのではなく、痛みを感じ始めたら、すぐにケアをすることが、一番効果的だと思います。

 

 

 

診療時間

当院へのアクセス情報

所在地〒462-0032 愛知県名古屋市北区辻町1-32-1 県営辻町住宅5−5−8
予約電話予約
電話番号052-325-4343
駐車場4台あり
休診日火曜日、祝日