TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 雨の日は体が痛くなる

雨の日は体が痛くなる

2017.03.02 | Category: 未分類

おはようございます。

雨ですね。

いい天気が続いていたので、たまには雨も必要だとは思うんですが、やっぱり雨の日は気分が下がりますね。

昨日、患者さんがこんなことを言ってました。

「今日は、痛めた指の関節がジンジンするんです。」この患者さんは、指のじん帯を断裂し、この間固定が外れたばかりで、

指が固まってしまったので何とかして欲しということで、治療をはじめました。

じん帯断裂と言えば、骨折よりも時間がかかると言われていますので、そうとう幹部には炎症があると考えられます。

雨の日は、気圧が下がりますので、体を押さえつける力が弱まります。さらに、患部には炎症がありますので、通常よりも腫れがあります。

雨の日は気圧が下がる → 体を押さえる力が弱くなる → 幹部には炎症があり腫れがある → 抑える力が弱く腫れがさらに強くなるといった流れで、雨の日や雨が降る前の日なんかは、ケガをしている場所や古傷か痛むと考えられます。

よく患者さんに、どうして雨の日や雨の前は体が痛くなるのって聞かれます。

そんな時は、こんな感じで説明すると納得してくれます。

気圧って、すごく人の体に影響を与えるものなので、目には見えませんが、気にしてみると考えさせられるものがありますよ。

診療時間

当院へのアクセス情報

所在地〒462-0032 愛知県名古屋市北区辻町1-32-1 県営辻町住宅5−5−8
予約電話予約
電話番号052-325-4343
駐車場4台あり
休診日火曜日、祝日、日曜日午後